「お世辞を言う」英語でなんという?

「お世辞をいう」
「おべっかを使う」
「こびへつらう」
「ゴマをする」

といった、現代社会でサバイバルするためには欠かせない

これらの表現、英語ではどう表現するでしょうか?

 


flatter

褒める、おだてる、~にお世辞を言う、気をよくさせる…

  • He often flatters his bosses to get promoted.
    (彼は昇進するためにしばしば目上の人にお世辞を言う

 

  • The artist flattered himself that the next generation would recognize him.
    (その芸術家は次の世代は彼を認めるだろうと気をよくしている

 

  • I flatter myself that I did it better than before.
    (以前よりもうまくやったと我ながら思っている。)

 

  • I’m flattered.
    (お世辞をありがとうございます。)

褒められた時に使えるお決まりの返答フレーズです。

 

  • I hate flattery.
    お世辞は嫌いです。)

  flattery名詞おだて、お世辞という意味になります。

 

  • Flattery won’t work with my father.

(私の父にはお世辞は効かないからね)

 

  • One way to motivate your student is to flatter him or her.

(生徒にやる気を出させる一つの方法はお世辞を言う事です。)

 


curry favor with~

~に媚びをうる

 

  • The president hates to curry favor with people, so he started up his own business.
    (その社長は人に頭を下げるのが大嫌いで、自分のビジネスを立ち上げた)

 flatter類似表現の一つcurry favor with~も覚えておきましょう。


butter up ~ 

~おだてる、~ほめそやす

 

  • He is so good at buttering up people that he is likely to climb the ladder.
    (彼はとてもお世辞を言うのが上手いので昇進しそうだ。)

   butter upflatterの類似表現です。

 


最後に、皆さんはお世辞を言うのは好きですか?中には

I would rather stay an underling than flatter people.

お世辞を言うぐらいなら平社員のほうがまし)

という人もいるのではないでしょうか?


 

勉強の励みになるので(‘◇’)ゞ
クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です