make a difference の意味と使い方

「違いを生む」

「重要である」

といった意味の英語表現

make a difference

今日はこの表現の使い方を見ていきましょう!!

 


make a difference

違いを生む、重要である

 

  • It makes no difference whether you will come or not.
    (君が来ても来なくても違いはない

※make no difference で「違いはない、変わらない」「重要でない」

 

  • Whether you listened to what I’ve said, or not, it makes no difference.
    (君が私の言ったことを聞いていようがいまいが、変わりはない

 

  • It’s too hot today even AC will make no difference.
    (今日は暑すぎてクーラーも意味がないだろう

 

  • It makes little difference whether you get into the university, or not.
    (君が大学に入学しようがしまいがどっちでも良い

  ※make littele difference で「あまり変わらない」

 

  • In the long run, the amount of practice makes all the difference.
    (長い目で見ると、練習量がかなりの差を生む)

 ※make all the difference 「大違いである」「かなり効果がある」

 


 

勉強の励みになるので(‘◇’)ゞ
クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です