多義語 term の意味と使い方

多義語 term

 

英語学習者を惑わす英単語の一つ term

この単語はいろいろな意味を持つ多義語と呼ばれるものです。

かなり意味のかけ離れた使い方がされるので、丸暗記してしまうことが求められますね(;´・ω・)

今日は代表的なterm[s] の意味を例文と共に見ていきましょう!!


学期、期間、任期、刑期など

 

  • At this rate, the current president will serve two terms in succession.
    (このままいけば、現在の大統領が二期連続で務めるだろう)

 

  • The arrested suspect didn’t admit his guilt at first but ended up receiving fines and jail terms.
    (逮捕された容疑者は最初は罪を認めなかったが、結局は罰金と刑期を受けることとなった)

 

  • I’m looking forward to seeing you again at the end of the term.
    (学期末に皆さんに再び会う事を楽しみにしています)

 


言葉、語、専門用語

 

  • Mass media adopted the term “Abenomics”.
    (マスコミは「アベノミクス」という言葉を採用した)

 

  • Could you possibly explain that in simpler terms?
    (もっと簡単な言葉で説明してくれませんか?)

 

  • His lecture is full of legal terms, and I cannot understand anything.
    (彼の講義は法律用語ばかりで、何も理解できない)

 


見地、点

多くが In terms of~ の形で用いられます。意味「~の点で、~の点からいうと」

 

  • This country is left behind in terms of economy.
    (この国は経済の点で遅れている)

 

  • This county is the best in terms of market scale.
    (この国は市場規模からいうと一番いい)

 

  • In terms of ability he is perfect, but he lacks patience.
    (能力の点では彼は完璧なのだが、辛抱が足りない)

 


関係、間柄、仲、折り合い

※必ず複数形で用いられます。

on = terms with ~ の形で用いられることが多い。意味「~と~な関係だ」

 

 

  • After his parents’ divorce, he got onto bad terms with both of them.
    (彼の両親の離婚の後、彼は両方と折が悪くなった)

 

 

 

  • He doesn’t seem to be on speaking terms with the professor.
    (彼はその教授と口を利くような仲ではないようだ)

 


(支払いや契約などの)条件

※必ず複数形で用いられます。

 

  • It’s our custom to do business under the terms of the agreement.

(合意条件の下で取引をするのが弊社の慣例となっています)

 


 

このように全く違った意味で使われますね。

また、意味によっては複数形terms のみ用いられることがあるので注意しておきましょう!

 

まとめると、この多義語termには大まかに5つの意味あると覚えておくと良いでしょう!!

 

  1. 期間、学期、任期

  2. 言葉(特に専門用語)

  3. 見地、点 主に  in terms of~ の形で使う

  4. 関係、間柄    on ~ terms with の形が多い

  5. 条件

 


 

勉強の励みになるので(‘◇’)ゞ
クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

多義語 term の意味と使い方” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です