be addicted to~ の使い方

「~中毒だ」

「~の依存症だ」

「~にはまる」

って色々な場面で使えますよね、例えば、

酒、たばこ、ギャンブル、麻薬、大麻、チョコレート、砂糖、ラーメン etc.

例を挙げれば切りがないですが、

物が何であれ中毒にはなりたくないですね。

さあ、今日はこの「中毒」に関する表現をマスターしましょう!

 


be(get)addicted to~

~中毒だ(になる)

 

At first, I thought beer was a strange-tasting drink, but then once I got accustomed to the taste I became addicted to beer.

(最初、ビールは変な味の飲み物だと思ったけど、そのあといったんその味に慣れてしまうと、ビール中毒になっていた。)

 

In my opinion, he isn’t the kind of person who’ll get addicted to illegal drugs.

(私の意見では、彼は違法薬物中毒になるような男ではない)

 

People with anxiety tend to become addicted to alcohol.

(悩みを持つ人はアルコール中毒になる傾向がある)

 

From what I heard, many people on welfare are addicted to gambling.

(聞いたところによると、多くの生活保護受給者がギャンブル依存症らしい)

 

Exchange students from a developing country show a tendency of getting addicted to TV games.

(発展途上国から来た留学生はテレビゲームにはまる傾向を見せる)

※このように「~にはまる」といった軽い意味合いでも使える

 

 

If you once get addicted to nicotine, it’s very hard to get rid of the bad habit.

(一度ニコチン中毒になってしまったら、その悪習慣を絶つのは相当難しい)

 


 

このような「中毒」(名詞:addiction)に関する表現はたくさんありますが

毒」は様々な社会問題に関係するものが多いので

その表現は覚えておくと、英作文や、ディベートでつかますよね(‘ω’)ノ

例 貧困と麻薬中毒、ストレスとアルコール中毒、教育とゲーム中毒など

 

このように話の広げ方、議論の展開の仕方も覚えておきましょう!

 


勉強の励みになるので(‘◇’)ゞ
クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です