「できれば・・・」英語でなんて言う?

相手に気を使いながら

何かを「お願いする」時に、よく使うのが

「できれば、~?」

「もしよろしければ~?」

ですよね(*^^*)

今日はコミュニケーションを

円滑にする

この表現を学んでいきましょう!!


If possible, ~

 

例: If possible, could we go to the meeting room together?

(もしよろしければ、会議室まで一緒に行きませんか?)

例:If possible, why don’t we have dinner tonight?

(もいよろしければ、今夜一緒に食事に行きませんか?)

例:If possible, why don’t we do it today, not tomorrow?

(できれば、明日でなく、今日やりませんか?)


 If it’s OK with you, ~

 

例:If it’s OK with you, I would like to keep smoking inside the car.

(もし君が良かったら、車の中でたばこを吸い続けたいんだけども。)

例:If it’s OK with you, shall we go to an Itarian restraunt tonight?

(もし君が良ければ、今夜イタリアンレストランに行かない?)

例:If it’s OK with you, could you buy milk on your way home?

(もしよければ、帰り道に牛乳買ってきてくれない?)


if you don’t mind, ~

 

例:If you don’t mind, I would like to  take a day off today.

(もしよければ、今日一日お休みをいただきたいんだけれども。)

例:If you don’t mind, why don’t we have some coffee around here?

(差し支えなければ、この辺でコーヒーしませんか?)

例:If you don’t mind, could you make 10 copies of this document?

(できれば、この書類のコピーを10枚とっていただけないですか?)


よりよいコミュニケーション

 

このように、お願い事する文を

和らげるための、表現は

よりよいコミュニケーションのため

非常に重要ですよね。

Please, を文頭につけるだけでも

印象は変わりますし、

いくつかこのように

微妙な譲歩を表す

表現は覚えておきたいです!!

空気を読むのは万国共通です!!!


クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です