ICBMって何?英語? 北朝鮮の脅威!!

最近よく耳にするICBMって言葉、    ※写真はイメージです
いったい何の略語なのさ(?_?)
なぜ世界がそんなに注目するのさ(?_?)
って方も多いと思います!

今日は簡単にICBMについて学んでみましょう!


ICBMとは?

Inter     (~の間の=between)

Continental  (大陸の)

Ballistic    (弾道の)

Missile    (ミサイル)

Intercontinental Ballistic Missleの略語でございます。

ちなみに、
こういった略語の事を
ちょっと難しい単語ですが
abbreviation
といいます。

例 UN is an abbreviation of the United Nations.
(UNはthe United Nations の略語です)
※the United Nations は 単数扱いです

こういった略語よく見かけますよね
でも、何の略語か知らないことが多いですよね・・・

ex. WHO, WTO, UNICEF,FIFA,NPB….
Do you know what words these abbreviations derive from?
(この略語たち、何の言葉が由来かわかりますか?)

そういえば 近年 AKB, HKT, NMB のような
abbreviation のアイドルグループ名が流行ってますよね(#^^#)


次に、interは接頭辞(prefix)といって
「間」「相互」「中」
といった意味を付加します。

ex. international (国家間の⇒国際的な)
interact (相互に作用する⇒交流する)
interbank  (銀行間の)
intercollege (大学間の⇒インカレ)

接頭辞(prefix)のほかにも
接尾辞(suffix)語根(root)
といった特定の意味を付加するものもあり
これらを学ぶと

爆発的に語彙力がつきます!(^^)!

早いうちに勉強するのが吉です!


北朝鮮とICBM

さあ、ICBM が何の略語か分かったところで、
次の疑問点は

Why are people around the world paying so much attention to ICBM?
(なぜ世界中の人はそれほどまでにICBMに注目をしているの?)
pay attention to~ = ~に注意を払う

です。

ICBMは5500㎞以上の射程距離
を持つ長距離弾道ミサイルの事を指します。
という事は
もし、
北朝鮮(the North Korea)がICBMの開発に成功して
更に、
核弾頭(nuclear warhead)も開発出来たら
日本はおろかアメリカのアラスカ、ハワイ、
性能によっては アメリカ本土(the US mainland) まで
核の脅威(the nuclear power threat)を与えることになります。
それで、世界は大騒ぎしてるんですね!

ちなみに日本は北朝鮮のすぐお隣、
ICBMでなくてもミサイルの射程距離内ですね
今年に入って何度も日本の
排他的経済水域(EEZ)
に北朝鮮のミサイルが落ちてますよね。

おっと、またabbreviationですね!

Exclusive    (排他的な)

Economic  (経済の)

Zone    (地区・地域・ゾーン)

ですね!


という事で、
今日は、ICBMを学ぶとともに

世の中がabbreviationだらけ
といううことが分かりましたね!

We learned that the world is full of abbreviations.
(世界は略語で満ちている)
be full of ~ = ~ で満ちている
例, The world is full of worries.
(この世は悩みが尽きない)

ちなみにMy momは
ALTとELT
UFJとUSJ
を混同して覚えています(笑)
へいわ(*”▽”) ですね・・・

面白かったらクリックお願いします!

英語ランキング

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です