熱中症 脱水症状 英語でなんて言う?

こんにちは、暑い日が連日続きますね
皆さん体調管理には気を付けてくださいね
私は体調管理のために,

ウナギ(eel)を食べまくるようにしています。
cheaper eels imported from CHINA (‘Д’) だけど…


特にに気を付けたいのは
脱水症状や熱中症ではないでしょうか
近年の異常なまでの暑さで、
命まで脅かすこれらの症状に
年々危機感は高まってきています。

では、英語でこれらはなんと表現するでしょうか
病気やケガに関する英語
自分や他人の命を守るうえで
知っておくべきものですよね!

 


dehydration

 

まず発汗により体の水分が奪われて起こるのが
脱水症状 = dehydrarion ですね。

例:She got severe defydration when working under direct sunlight.
(彼女は直射日光の下で働いているときに、ひどい脱水症状になった)

  • get (have) defydration  = 脱水症状になる
  • under direct sunlighgt  = 直射日光の下で

また受動態を使って、こうも表現できます。

  • be (get) dyhydrated

例:Take enough water so as not to get dehydrated.
(脱水症状にならないために、十分な水分をとってください)

  • take enough water  = 十分な水をとる
  • so as not to ~   = ~しないように
  • get 過去分詞   = ~される でbe 動詞の代わりに良く用いられます
    例えば I got hurt. や we got married last year. みたいな感じです。

heatstroke

次に異常な体温の上昇により深刻な症状を引き起こすのは
熱中症 = heatstroke  ですね

例:Many people died of heatstroke in this summer.
(今年の夏、多くの人が熱中症で亡くなった)

  • die of~=~で死ぬ ですね 悲しいですが重要な表現です
    例文を一つ、

Many children die of malnutrition in the Third World.
(多くの子供たちが第三世界で栄養失調で死んでいる)

  • malnutrition=栄養失調
  • the Third World=第三世界
    第三世界については重要な話で長くなるので
    また今度、勉強しましょう。

では、今回は熱中症、脱水症状の表現について勉強しました。
ちょっとこれでは不十分なので
次回は、
その症状(symptoms)、応急処置(emerency treatments)
について学びましょう。
それでは See you later!

役に立ったらクリックお願いします!

英語ランキング

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です